二重瞼にして明るい笑顔を

カウンセリング

目の印象を良くするもの

男性でも女性でも、生まれて来たからには美男美女でありたいと願うのは、本望でしょう。醜態を好む人は、いないはずです。では何故美男美女が良いのかと言うと、第一印象が良く見えることです。初めて会う人に対しても、悪い印象を与えることが少なく、敵対視されることも少ないはずです。その美男美女の条件の一つには、顔での印象が非常に大事になって来ます。明るい笑顔を持つことが良い印象を持たれることで、暗いままの笑顔なしでは、良い印象を持ってもらうことは難しくなるのでしょう。では明るい笑顔に必要なことは、目が可愛く笑っていることです。大きな声で笑っていても、目が笑っていないとこれも印象が悪くなってしまいます。そんなことから、目が可愛いことが大きな武器となる場合があります。もちろん、目が小さいからと言って全てが悪いと言うのでありません。目が小さくとも、可愛い印象を持たれる人もたくさんいる訳です。日本人において遠い昔は、一重瞼の切れ長の目が美しいとされた時代でした。それが戦後と言っても良いのでしょう、欧米文化が多く取り込まれるようになってから、目が大きく二重瞼の女性が好かれるようになって来たのです。そんな時代になったことから、綺麗で可愛い女性の象徴として二重瞼が好まれるようになった訳です。多くの男性が、大きな目でくりくりとした表情を見せてくれる二重瞼の女性を好むことから、女性も期待に応えるように、二重にすると言うことが普通になって来ているのです。そのための二重整形も手軽に行われるようになり、その二重整形が負担となる時代ではなくなりました。二重整形にかかる費用は、その施術の方法によって大きく違って来るのです。簡単に行うことになるプチ整形での埋没法では、費用が安く済むことでも人気となっています。これら施術の費用相場は、5万円から10万円程度で収まると考えられます。これに対し、メスを入れることになる切開と言う方法を取った場合には、費用も高くなり、20万円から30万円はかかることになるようです。この埋没法と切開法での違いを考えてみると、治療費の違いが良く判ります。埋没法では、医療用と言われるごく細い糸を瞼に留めることで、二重のラインを作るものです。この方法の良い所は、施術の時間が短く終わり、ダウンタイムも短く済むと言うメリットがあります。また、二重に飽きた時には簡単に元に戻せると言うこともありますが、困るのが勝手に元に戻ってしまう場合もあるのです。これに対し切開する場合には、メスを入れてのライン作りになると言うものです。この方法を利用すると良い人に、瞼が厚くなっていたり、脂肪分の多い人に有効な方法となっています。更には、幅の広い二重にも出来ることが出来ます。埋没法では、綺麗に出来ない恐れも多いことから、確実な仕上がりを求める人に適した施術方法となるのです。そのため費用は高くなってしまうのですが、元の一重瞼に戻る確率は非常に少なくなると言う確実性が良いと考えられます。二重整形を希望する人は、費用だけで病院選びはいけません。経験も多く、患者さんから信頼を受けている病院選びから始めることが大切です。大事なお顔を綺麗にするための施術ですから、費用を惜しんではいけません。