注意点と美容外科の選び方

女性

特徴を知った上で見極める

二重整形はメイクなどで二重に見せるよりも効果があるため、二重に憧れを持っている一重や奥二重の人におすすめの方法ですが、実際に施術を受ける際に気をつけておきたいことがあります。それは何かというと、二重整形には種類があるため、それぞれの特徴を知った上で、どの方法が自分に合っているのかを見極める必要があるということです。二重に出来る整形手術の方法は、効果の持続が期間限定ものと半永久的なものの主に2つに分けることが出来ます。期間限定のものは「埋没法」と呼ばれるものであり、まぶたのラインを糸で留めることで二重を作る方法です。この埋没法は、メスを使わないことや費用が比較的安く済むことからプチ整形の一つとして知られており、気軽に試せる方法ということで人気があります。しかし埋没法は、効果の持続期間が3〜10年程度とされているため、期間限定の方法であることに気をつけておきましょう。ただし人によっては、効果が切れた後も二重のクセがまぶたに定着して、そのまま二重の状態を保てる場合もあると言われています。一方の半永久的な効果があるものは「切開法」と呼ばれており、こちらはメスを使ってまぶたのラインを作る方法になると言えるでしょう。切開法は、糸を使う埋没法とは違って、メスで直接まぶたのラインを作ることが出来るため、まるで生まれつきの二重であるかのような仕上がりに出来るというメリットがあります。しかし切開法の場合は、半永久的な効果がある反面、一度整形手術をしてしまうと基本的に元に戻すことが出来ないため、選ぶ際は十分気をつけておく必要があるでしょう。二重整形は美容外科クリニックなどで受けることが出来ますが、クリニックを選ぶ際に知っておきたいポイントがいくつかあります。まず挙げられるポイントは、カウンセリングがしっかりと行われるかどうかであり、医師との認識の共有が重要になるということです。二重整形では、ほんの少しでもラインがずれただけで見た目の印象が変わってくることが多いため、患者と医師との打ち合わせや認識の共有がとても大切になってきます。たとえ手術そのものには成功したとしても、患者と医師との間で、二重の仕上がりについて違う認識を持っていたとしたら、その手術は患者にとって成功したものだとは言えないでしょう。ですのでカウンセリングで、患者側の希望をしっかりと理解してくれる医師かどうかを判断することがとても重要になってくるということです。次に挙げられるポイントは、費用に関することであり、二重整形はクリニックが自由に料金設定が出来る自由診療になるため、費用が妥当かどうかの見極めが必要になるということです。ですので、まずは自分が受ける治療法の相場がいくらなのかを知る必要がありますし、それより高かったり安かったりする場合は、なぜそうなのかという理由を調べることが重要でしょう。さらに挙げられるクリニック選びのポイントは、アフターケアや保証がしっかりしているかどうかということです。例えば施術後にまぶたが腫れたときはどのようなケアが受けられるのかや、埋没法ですぐ元に戻ってしまった場合は再手術をしてもらえるのかといったことを確認しておきましょう。