憧れの目元がつくれる

女医

希望の施術を受ける為に

自分の目が小さくて好きではないなど目元の悩みを抱えている人は少なくありません。日本人の目は外国人と比べると小さく、細い印象の人が多くなっています。その為、テレビや雑誌で活躍をするモデルやタレントに憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。目は顔の中でも一番注目されやすい部分です。目が大きいだけで顔全体が華やかに見えますし、はっきりとした印象に見せることが出来るでしょう。目を大きく見せる為の手軽な方法としてメイクがありますが、メイクは実は結構時間が掛るものです。また、その日によって仕上がりが違ったり、自分の理想とは違う仕上がりになったりしてしまう場合もあるでしょう。そこでメイク無しでもしっかり二重を維持することが出来る二重整形はいかがでしょうか。施術を受けることで希望する二重ラインをつくることが出来、目を大きく見せることが出来ます。また、この二重整形にも種類がありメスを使う施術と使わない施術に分かれます。手軽に受けやすい施術としてはメスを使わない埋没法になりますが、ダウンタイムも少なく費用もリーズナブルになっているのでおすすめです。施術後数日間は腫れが出てしまいますが、徐々に安定して二重ラインが出来、理想の目元をつくることが出来るでしょう。ただし、人によっては瞼を留めている糸が緩んでしまい取れてしまう人も中にはいます。永久的に二重を維持することが出来る訳ではないことを覚えておきましょう。メスを使う方法としては切開法があります。瞼を切開しながら、余計な脂肪など取り除いて縫い合わせていく施術です。腫れは1週間程度続きますが、永久的に二重を維持することが出来るのでおすすめです。初めて二重整形を受ける場合、やはり誰でも不安があるものではないでしょうか。初めての場合受けやすいのはメスを使わない埋没法ですが、取れてしまうリスクを考えて最初から切開法を選ぶ人もいます。まずは自分がどの様な施術を受けたいのかしっかりと考えることが大切です。また、例え受けたい施術があっても場合によってはそれが適切ではない場合もあります。例えば瞼に脂肪が多く、腫れぼったい人が埋没法を受けてしまうと、糸が緩みやすくなってしまいます。もし糸が緩んでしいまっても再度施術を受けることでしっかり固定することが出来ますが、数年後にまた取れてしまうこともあるでしょう。このことを考えると、切開法の方が瞼の脂肪を取り除きながら施術を行えるので、しっかり二重ラインをつくることが出来るのでおすすめです。どの施術が自分に合うのかはドクターがしっかりと見極めてくれるので、安心してカウンセリングを受けましょう。二重整形を受ける場合、埋没法も切開法も個人差がありますが、腫れや内出血が起きてしまう場合があります。もし腫れや内出血が出てしまっても、時間の経過と共に徐々に改善するでしょう。施術後何か気になる症状がある場合、クリニックによってアフターケアに力を入れているところもあるので、クリニックに相談することをおすすめします。また、出来れば施術を受けるクリニックを選ぶ際にアフターケアの充実度も参考にしておくと万が一の際でも安心することが出来るので、ぜひクリニック選びは慎重に比較しながら選びましょう。